読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スカウトマンのブログ!求人募集

大阪/泉北出身/阿倍野在住/1986年4月10日/趣味・映画観賞.ドライブ/不動産 .建築業・相原不動産.人材派遣会社・ドリーム

デリヘル嬢の服装戦略【女性らしさと機能性】

f:id:abc0410abc:20170313070724j:image


服装は風俗嬢共通の悩み?

お仕事中は常に男性の目に触れられている風俗嬢にとって、服装は共通の悩みのようです。


今回は前半部分では格安から高級まで彼女たちが服装面で気にしているポイントを後半部分では高級デリヘル嬢が大衆・格安デリヘル嬢よりも気にしているポイントをそれぞれご紹介していきたいと思います。

デリヘル嬢の服装は「女性らしさ」と「機能性」がマスト

風俗嬢はお仕事用の服を選ぶときに何を見ているのか。
不思議に思い、風俗嬢の服装についてのサイトを複数見て調べてみました。
その結果、ある一定の「風俗嬢向きでない服装」と「風俗向きな服装」の傾向が見えてきたのです。


女性たちの会話から、「ウケが悪い、進んでは着ない」「こういうものを買っているよ」というのをまとめてみました。

 

デザインの特徴としては

 

個性的すぎない(派手すぎない)こと

カジュアルすぎないこと

白・ピンク・水色・花柄といった女性らしい色彩や柄を用いていること

ウエストが引き締まっている、脚が出ているなど適度に女性の身体のラインがわかるもの

ヒールなどの体型を補正して見せてくれるグッズを使っていること

が挙げられます。

 

また、彼女たちは「デザインが全て」ではないようです。服の「機能性」にもこだわっているのです。例えばボタンの多い服や、後ろにファスナーのついたワンピースは着脱に時間がかかってしまうという理由で敬遠されがちでした。

そう考えると、服装はブラウスの上にワンピースを着ているので「デザイン上は風俗嬢に好まれるけれど、機能性の面から言えばボツ」な服装だと考えられますね。

 

高級デリヘル嬢が特に気にする服装のポイント

 

上記の条件に加えて、格安・大衆店で働いているデリヘル嬢は「服の安さ(手軽さ)」にもこだわる傾向がありました。さきほどご紹介したのスレッドでも名前が挙がっていたブランドは、109やLUMINE、PARCOなどのファッションビルに主に出店していることが多く、1着10000円以下で手軽に買えるアイテムを多く取り扱っている傾向があります。

それに対して、高級デリヘルの場合は、富裕層のお客様が多く、それに比例してファッションに対しても目が肥えている方が多いため、女性もその点を留意して服装を選んでいます。要は安物が通用しないのです。

さきほどご紹介したように派手すぎず、地味すぎず女性らしくなおかつ機能的という条件を満たしつつ

 

過度に露出をしない(お客様の嫉妬の原因となってしまいますし、あまりに露出が高い服は逆にセクシーさを欠いてしまうからです)

シルエットがきっちり見えて、もののよい値段の高い洋服を選んで着用している

という気遣いがこの2枚の画像だけで垣間見えます。

また、高級デリヘルで働く女性は表向きではチェックできない下着にもしっかり気を遣っています。上下お揃いのものをしっかりセットで着用するようにするというのはもちろんのこと、何度も指名してくださっているリピーターのお客様に関しては好みをしっかりと把握して合わせているのです。

まとめ

 

今回のコラムでは

 

デリヘルをはじめとする風俗嬢は女性らしいデザインで、なおかつ着脱のしやすい服装を好んで着ている。格安・大衆デリヘルで働く女性は以上にプラスして価格の手頃さを服に求める傾向がある高級デリヘルで働く女性は価格の手頃さはそこまで求めず、きちっと感を求めて服を選んでいるということをご紹介いたしました。

大衆・格安の風俗店ももちろん魅力的ではありますが、細かい部分にまで気遣いが行き届いた高級デリヘルをたまには利用してみてはいかがでしょうか。